あけましておめでとうございます。みなさまにおかれましては、穏やかでステキな一年になりますよう心からお祈り申し上げます。

また、メールを下さった読者様、ありがとうございます。一通一通は必ず読んでおりますが、数が多く、お返事が遅くなっておりましてすみません。ご連絡が来ることをとてもうれしく思っております。

 

しばらくご無沙汰しておりました。最近の私も、日々成長しています。
もうこれ以上学ぶことはないかな、って思っていても、また課題が出てきて新しい学びがあって、さらに豊かに穏やかに生活するための肥やしになっている。
今もこれからもずっと、成長し続けていきたいな~と思っています。

 

今まで、毒親.netをやめようと思ったときが何度もありました。何のために書いているのか。こんなことしてどうなるのか。書くことが辛い時もありました。

 

30代半ばまでは、人生は暗くて重くて。死ぬまで、全てを我慢して楽しみを求めず人に迷惑をかけず、「死なずに」生きていくことが生きるということだと思っていたんです。

でも自分の子どもが産まれて、この子を精神的に健康に育てたい、私のような想いは二度と繰り返して欲しくないという強い願いがうまれたんです。

 

子どもを元気に育てるためには、私が心から「笑顔であること」。
もう、これに尽きるんですね。
常にニコニコはできないにしても、笑顔>渋い顔ってことを意識する。

 

ただのキレイ事だと一昔前の私なら思っていた。「笑顔、幸せ」って私の人生には無縁だと思っていた。笑顔でいれる人は「ムリして、人前だから」笑ってるんだろう、家では違うんだろう、どうせ。と思っていた。

 

本を読んだりいろいろな出来事があるなかでたどり着いた結論は
「わたし自身が幸せであることが、他人が幸せであること」
「わたしの問題と他人の問題に線を引くこと。それが、自分の生きる力を信じるということ、他人の生きる力を信じるということにつながる」

 

私はわたし自身の人生を今やっと生き始めることができた。自分を育てなおすことができるんだ。そう思っている2018年の新春でした。

 

このサイトと向き合うことがわたし自身と向き合うこと

このサイトで伝えたい事は日々変わっていきました。

初めは、絶縁したっていう現実を整理するため、そして自分自身と向き合うために書いていた部分が大きかったです。
そして「私は間違ってなかったよね、正しかったよね、仕方なかったよね?」と誰かに許してもらいたかった。許してもらえれば、生きていていい気がしていたから。

 

私は、私の人生を生きていなかった。
何かをするのに誰かの「許可」が必要な気がしていた。誰に何も言われていないのに、常に「私はダメな存在」。

 

自分のことを「自分で選ぶ」。身の周りの衣食住でいいから「選ぶ」。小さなことの積み重ねで、私の人生を創っていく。そりゃ、小さい頃にしか得られない感動や経験があったとして、それを得られなかったことは悔しいけれど、その時できなかったことを「やる、選ぶ」ってことが今ならできる。

 

子どもの頃にはなかった視野の広さで、景色をみることができる。

 

誰もわたしをとがめない。
わたしにブレーキをかけているのはわたし自身。
かけ慣れたブレーキを少しずつ弱める練習をしよう。
自転車にうまく乗れないのは初めだけ。初めは乗れなくてつまらないけど、乗れるようになればどこへだって行ける。楽しくなる。

 

私はわたし自身の望む人生を歩んでいます。そうハッキリ言えるようになれた軌跡をこれからできるだけわかりやすく伝えていきたい。
そして読者様のうちの誰かひとりでも「なりたい自分」になる手助けになれれば嬉しい。そういう願いを持ちながら、途中で投げ出さずに書ききったぞ、やりきったぞ! と思えるまでサイト運営を続けていこうと決心しました。

 

読者の皆様にも少しお時間を取っていただき、おつきあいいただければ嬉しいです。

 

読んで下さりありがとうございました。