しばらくお休みをいただいておりました。
読者様、待って下さってありがとうございました。

 

お休みの理由は主に3つで、

  • 自分の幸せや毒親の呪いについてじっくり考えていた。
  • 主人の独立(会社の立ち上げ)を手伝っていた。
  • 子どもの風邪をもらってしまった(笑)。
    (子どもがインフルエンザになっても私はピンピンしていたので油断していました(笑))

サイトから離れることでまた色々な気持ちが湧き出ました。

 

私の記事を読んでくださる方がいらっしゃるということは、本当に感動ものです。
このサイトに来てくださって、何かしらを受け取ってくださったなら、私は本当に嬉しいです。
心から「ありがとうございます。」

同じ気持ちを分かち合える喜び

孤独でした。
自分の親がおかしい。自分の苦しみの正体は何だ?
大したことじゃないのかもしれない。自分が弱いせいかもしれない。自分がもう少し我慢すればいいのかもしれない。

 

でも
親とはもう一緒にいたくない。
傷つきたくない。
幸せになりたい。

 

親と上手くいっている友人の「親に買ってもらった車」それを見ただけで心中嵐(笑)。
嫉妬の嵐。「何で私だけ?」。

 

耐えられず、絶縁しちゃった・・・・。
同じ境遇の人は、今何を思って暮らしているんだろう。
悪いのは、私だけじゃないよね・・・?全てから逃げたい気持ち。

 

気持ちをノートに書きなぐる毎日。夫に毒を吐く毎日。
疲れ果ててきた・・・。もう不幸はお腹いっぱい。
誰か、私を、助けてくれないかな・・・・。

 

***********

そんな想いから始めたサイト運営。
初めの頃は「読みに来る人」っていうのをあまり想像できていなかったんです。

全世界に(笑)公開しながら、それでいて誰とも関わらず「1人で」叫んでいたかった。っていう矛盾した態度でやっていました。
誰かと関わりたいけれど、誰とも関わりたくないような。

 

分かってもらえるのかなっていう一抹の不安が拭えずにいました。

 

でもどんどんアクセスが増えていって、メールが増えてきて、フォローしてくださる方が増えてきて・・。
自分のサイトだけれど、自分だけのものじゃなくなってきた。

 

自分の予想以上に、色んな方が私を応援してくださいました。
「共感出来ました」「泣きました」「役に立っています」などのメールが来るたびに泣いています(照)。
ああよかった。
分かち合えるんだ。
ひとりじゃないんだって。
自分の経験や苦しみが、誰かの助けになっているなんて・・・。

 

生きていて本当に良かった。

 

読者様がいらっしゃるから、私の心も救われているんです。
このサイトを運営して、本当によかった。

 

仕事やお金に関する「呪い」を見つめなおす

何をしようとしても頭に流れてくる「そんなことして何になる?」という毒親の呪い(笑)。
サイト運営、楽しいのですが時々この声が聞こえていました。
お休みの間に呪いと向き合っていました。

「親のやっている仕事だけが人生の中で意味のあるもの」それ以外は、ただのくだらない遊び。
「ステータス」のある仕事に就け。
お金が稼げないんだったら意味が無い。
意味が無いどころか「稼げない奴は人間として価値がない」。

 

生活の全ては「義務」。
仕事しなければいけない。家事しなければいけない。子育てしなければいけない。
楽しむって何? 趣味って何? 生きること自体が「義務」。

 

趣味をすることも、生活に必要な何かを買っただけでも「また無駄遣いして(脳内毒親(笑))」。
何か仕事をしなければ!!! (自分がどうしようもないクズのように思えてしまうから)
人生を楽しまなければ!!! (そう思った時点ですでに重荷(笑))
焦りが自分を苦しめる。心と体がおかしくなる。働けるはずない。楽しめるはずない。
とても苦しかったんです。

 

毒親と絶縁して呪いが溶けてきた今も「仕事やお金」に関する焦りが抜けない。
そこで本を探してみました。久しぶりに当たりな本で、結構オススメです。
気持ちがスッキリしました。

(ご参考:お休みの間に読んでいた本)
(スマホ向けリンク)VOICE新書 働かないって、ワクワクしない?
(PC・タブレット向けリンク)VOICE新書 働かないって、ワクワクしない?


 

今すぐ仕事を辞めろと言っている本ではなく、生活に必要な最低限の仕事をし、自由時間をどう楽しむかというスタンスの本です。
人に強制される時間である「仕事」で成功することより、自ら進んで求める時間である「自由時間」をいかに謳歌するか。「生活の質を高めて幸福度をよりあげる」ための具体的な方策についても触れてあります。様々な偉人の引用と少しのブラックジョークで楽しく読むことができました。
題名はかなり衝撃的(笑)ですが「”今”だけでなく”未来”も見据えた」自分の在り方を考えさせられるとても深い一冊でした。


(以下抜粋です。)
『仕事人間は奴隷と同じ』
『あまり働かないことは健康にいい』
『のんびり生活は環境に優しい』
『「勝ち組」になるとはどういうことでしょうか?生きることに喜びを感じ、毎朝その日に起こることを楽しみに目を覚ます。自分が今していることを楽しんでいる。残りの人生で自分が何をしたいかよく分かっている。(p8)』
『・・・週末や引退後の自由時間の管理は、簡単にできると考えられている。これは、とんでもない思い違いだ。私たちは一生懸命働き、働かないことに罪悪感を感じるように条件付けられている。多くの人々が自由時間を恐れている。・・・彼らは、忙しく何かをすることにしか意味と満足を見いだせないのだ。(p108)』
『人生は、余分な荷物を持たなければずっと楽になる。マイナス思考の人たちは、持つべきではない余分なお荷物だ。飛行機に乗る時に荷物が多すぎると、高い料金を支払わねばならない。マイナス思考の人々は、お金だけでなく、あなたの時間、エネルギー、幸福を奪う。(p314)

 

これからもできるだけ良い記事、参考になる記事を書けるよう頑張ります。
読者様におかれましては、苦しみが軽くなり、幸せになれますよう心からお祈り申し上げます。
このサイトがいつか不要になる日が来ますように。

 

読んで下さりありがとうございました